アゴとエコマネーをご紹介。

uplandsparkmo.org

エコマネーとアトムは

SIPRI(ストックホルム国際平和研究所)の調査によると、一九九○年だけでも、続行中の武力紛争は三一件を数えたシ)いアブ。実際、一九四五年から一九九○年までの二一四○週のうち、この地上が真に戦争から解放された週は全部で三週間しかなかったのだ。したがって、一九四五年から現在までの期間を「戦後」と呼ぶのは、悲劇と皮肉をまぜこぜにするようなものである。ところで、この間のおぞましい戦いを一つ漏らさず丹念に拾い上げてみると、そこには、特定のパターンが見出せる。過去数十年間続いた核による米ソ関係の鯵着状態は、事実上、一九五○年代以後の世界の安定に役立った。全世界がまったく異質な二つの陣営に区分される中で、各国は、自国が世界体制のどこに位置しているのかを耐多少強り丈も知っていたのである。六○年代に入ると、米ソ二大国の直接戦争の行き着く先は「相互確証破壊」であるとの認識ができあがった。その結果、それ以降の戦z7第章周辺地域での殺裁争は、二極体制の、いわば周辺へと押しやられることになる。二○世紀後半の戦争による災禍は、中心部ではほとんど見られなくなり、大量殺裁は、もっぱら周辺地域で行なわれたのである。

それでも後にも先にも、このときほど興奮した姿を見たことはありません。「気まぐれ天使」結婚した頃、「俺のあだ名、何だと思う?」と笑いながら尋ねられたことがあります。「角界のプリンス」のことかと思い、そう言ってみると、「俺、『気まぐれ天使』なんだって」と嬉しそうな答えが返ってきました。ジョークのつもりかと思っていたのですが、だんだんとそのあだ名にこめられた意味がわかるようになってきました。お料理の苦労は絶えませんでした。夕食の準備は大変ですし、時にはお畳も帰ってきて食べることがありました。新婚当初こそ、何でも「おいしい」と平らげてくれましたが、次第に褒めてくれることが少なくなり、前に喜んで食べてくれた料理を出しても、箸もつけない日があるのです。 第二章妻として、母として「これ、好きでしよ?」と聞いても、そんな臼は、「好きなものでも、食べたい日と食べたくない日があるんだよ」まあ、なんとわがままな人かしら。

ところが、不況に陥った今は大いにご機嫌、「やっぱり高校時代から受験勉強してきたわれわれが偉かったのだ」と言い合っている。時代は変わっても、人間性は同じなのである。O「幕府は自信を失っている」という評判支配階級のはずの武士たちは貧困化が続いても、享保や天明の頃には不況と弾圧で相対的地位が回復するのを喜ぶ気力があった。ところが十九世紀に入り、文化文政の華やかな時期を経験すると、それも虚しく思えるようになっていた。さりとて、不況政策以外に武士の相対的地位を回復する知恵もない。そんな中では、領地を幕府に返上して隠居したい、という殿様も出たほどだ。幕末の世相を考える上で、まず大事なのは経済が一八一○(文政三)年からコンドラチェフ波動の長期下降局面に入っていたことだ。特に一八三一(天保一)年から六年間も続いた天保の大飢鐘は深刻で、寒害にあった東北地方はもちろん、全国商品流通が止まったことで「天下の台所」大坂も大不況に陥り、人口は激減した。

ここでは、先に述べた個人投資家と機関投資家の情報格差が逆転します。あなたのほうがかれらよりも先に情報が取れるのです。機関投資家のほうが二番手の情報しか取れなくなるのです。鉄鋼業界に対する市場の見方が、自分の直感や見方と違うとしたら、これは大チャンスです。「機関投資家のやつらは何もわかっていない」と思って、長期保有を前提に鉄鋼株を買えばいいのです。新聞や業界雑誌の業界関連記事の内容が、どうも自分が現場で見ている実状とニュアンスが違うという経験は、多かれ少なかれあるでしょう。わたしは金融業界に身を置いていますが、金融業界についてマスコミが流す情報のうち七割は、ウソではないけれども少しニュアンスがちがうと感じます。自分の仕事を信じて、自分の見方にしたがって、他人やマスコミの情報に惑わされずに淡々とわが道を行けば、あなたは自分のよく知らない業界の企業のROEをあれこれ詮索するよりも、はるかに株で勝てるにちがいありません


ホーム RSS購読 サイトマップ